Report.職場レポート[005]
子どもの命を守る
保育士は大変だけど、
やりがいのある職業

Q.現在の仕事内容を教えてください。

保育士をしていて、現在は3歳児クラスの担任をしています。大切なお子さんをお預かりして、身の回りの世話をするだけでなく、生活習慣を身に付けるために指導をしたり、遊びながら感性を身につくように工夫したり、一緒に過ごす中で成長していけるよう手助けしています。

Q.現在のお仕事を目指したきっかけは?

小学生の時に見たテレビ番組がきっかけです。出演していた保育士さんが、様々な事情を抱えた子どもに対して、真っ直ぐ向き合っている姿がとても印象的でした。

Q.仕事をしていてやりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

子どもたちが笑顔を見せてくれたり、「楽しい!」と言ってくれたり、保護者の方に子どもの成長を喜んでもらえた時にやりがいを感じています。

Q.仕事をするなかで、心がけていることや大切にしていることを教えてください。

保育士として一番大切にしていることは、子どもの命を守ること。一度、子どもの立場になって考えてから声を掛けたり、まわりをよく見て自分にできることを考えて行動するように心がけています。

Q.学生時代に学んだことで、現在の仕事に役立っていることはありますか?

専門学校では保育士や幼稚園教諭、自然体験活動指導者、チャイルドボディセラピストなど、様々な資格を取得しました。授業で教わったて遊びやピアノの曲は一つでも多く覚えておくと保育の現場で本当に役立ちます! また、心理学の授業では様々な例題をもとに、子どもや保護者の方との関わり方や気持ちの受け止め方を学びました。学生のうちに相手の立場で考えることを学んだことが、子どもや保護者の方々と接する場面で活かされています。

Q.就職活動の時の思い出などがあれば教えてください。

就職活動の際は、先生方にアドバイスをいただいたり、友達と情報共有をしたりしました。また、1年生の時に先生からしっかりと授業に取り組んでいる姿勢が大事だと言われていたので、毎日休まず通学することを心がけました。

Q.今後の目標を教えてください!

今後は幼児クラスの担任や、障がい児保育にも携わっていきたいです。

Q.これからこの職業を目指す学生にアドバイスがあればお願いします。

ピアノの練習や保育グッズの制作、行事や学校生活を楽しむことなど、今できることをたくさんやってみてください。私も学校行事の保育発表会で実行委員を務めて、クラスのみんなと一つのものをつくりあげる大変さと楽しさを共有した良い思い出があります。保育士は大変なことも多いですが、やりがいのある職業です! ぜひ、がんばって夢を叶えてください。

Profile.
保育士として一番大切にしていることは、子どもの命を守ること。大変なことも多いですが、やりがいのある職業です。行事や学校生活を楽しむことなど、今できることをたくさんやってみて、がんばって夢を叶えてください。
仙台こども保育園
加藤恵理(カトウエリ)さん
仙台こども専門学校/保育科 卒業