Report.職場レポート[006]
心地よい時間をコーヒーで演出
コミュニケーションを大切に

Q.現在の職務内容を教えてください。

現在はメインで働いているカフェの他に、コーヒーロースター2店舗でも勤務しています。接客やバリスタ業務、SNSの管理やデザインをすることもあります。他には、セミナーやイベントで出店をしたり、専門学校の講師としてコーヒーの授業をしています。

Q.現在のお仕事を目指したきっかけは?

最初はパティシエになろうと思い、東京でインターンや研修をしていました。就職活動を行ううちにバリスタになりたいと強く思うようになり、タイミングが合い、仙台でオープン予定のカフェに就職しました。

Q.やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

お客様がリピーターとして何回もお店に来てくださる時は、「満足していただけているのかな」と感じるのでとても嬉しいです。また、飲食店では学生アルバイトさんが多く、初めて接客業を経験する方が多いです。そんな学生さんが少しずつ経験を積み、一人前に成長していく姿を見ると、感慨深いです。専門学校で教えている時も同じように、自分の指導を通して成長していく姿にやりがいを感じます。

Q.心がけていることや
大切にしていることを教えてください。

お客様によっては、1人で静かに過ごしたい方、会話を楽しみたい方など、それぞれの心地よいカフェでの過ごし方があります。お客様の様子を観察して、その人にあった接客で心地よい時間を過ごしてもらえるよう心がけています。

Q.学生時代に学んだことで、
現在の仕事に役立っていることはありますか?

学生時代の経験は、全て役立っていると実感しています。技術・知識・人脈など……一見、役に立っていないようなことでも、無駄なことはないと感じています。仙台カフェ・パティシエ&調理専門学校では、実際のお店で働きながら教えてくれる外部講師の方が多いので、勉強のため積極的に講師の先生のお店に伺っていました。

Q.学生時代に一番努力したことは何ですか?

系列校で1校につき2名出場できる製菓の大会があり、挑戦したことです。全国大会に勝ち進み、優勝することができました。アントルメ部門というケーキを作る部門だったのですが、ケーキ作りの他にプレゼンテーションの時間がありました。名だたる先生の前でプレゼンをし、質疑応答をするのは緊張しましたが、とても良い経験となりました。

三船さんが製菓の大会に出場した際の様子

アントルメ部門でみごと優勝を飾ったケーキ

Q.休みの日は何をしていますか?

知り合いのお店に顔を出すことが多いです。ついつい、メニューやお店の雰囲気などを見てしまうのですが、とても勉強になります。他には家で映画を見たり、普段はできない凝った料理を作ったりして、ゆったり過ごしています。

Q.これからこの職業を目指す学生に
アドバイスがあればお願いします。

技術や知識も必要ですが、お客様や業者さん、同業者など人との関わりが強い業種だと思います。今までも困難なことがたくさんありましたが、その度に人の縁に救われてきました。仙台は同業者同士で集まって勉強会をすることも多く、繋がりが強いと感じています。実は……私、人見知りなんですよね(笑)。苦労することもありましたが、人とのコミュニケーションや繋がりを意識し、大切にしてほしいです。

Q.今後の目標を教えてください!

状況が落ち着いたら、英語を勉強するため留学したいと思っています。海外のコーヒー文化を学びたいのと、仙台駅周辺では海外のお客様も多いので、英語で接客できるようになりたいと考えています。仕事が好きなので、今後も長く飲食業に携わっていけたら嬉しいです!

Profile.
仙台カフェ・パティシエ&調理専門学校の卒業生です。複数の飲食店で勤務をしながら専門学校の講師をするパラレルワーカー。夢は留学をして、海外のコーヒー文化を学ぶこと。
UGUISU 仙台茶寮、他にも仙台市内のカフェ、仙台農業テック&カフェ・パティシエ専門学校 講師、イベントで個人出店 など
三船彩香(ミフネサヤカ)さん
仙台カフェ・パティシエ&調理専門学校/カフェパティシエ科 カフェパティシエ専攻 卒業