Report.職場レポート[015]
法律などの
「根拠」を確認してから
業務を行うことを
心がけています

Q.現在の仕事内容と、この仕事を選んだ理由を教えてください。

仙台管内では現在、飛行機の国際線が新型コロナウイルスの影響により運休となっているため、船舶に対する検疫を行っています。検疫とは海外からの病気や細菌が国内に入るのを防ぐ仕事です。国内の水際対策強化により、成田空港、羽田空港の人員が不足しているため、それらの空港に応援に行ったりもしています。検疫所はデスクワークだけではなく、フィールドワークがある点、多岐にわたる業務があるという点にやりがいがあると思い、目指すようになりました。

Q.どんな時にやりがいを感じますか?

現在行っている感染症の水際対策に納得されない入国者に対して、対策の法的根拠を説明し、納得していただけた時にやりがいを感じます。

Q.仕事をする上で、気をつけていることは?

必ず、法律などの「根拠は何か」を確認してから業務を行うことをはじめ、職場内でコミュニケーションをとり、円滑に業務を行うこと、「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」を徹底することに気をつけています。

Q.「専門学校での学びが役立っている」と感じることはありますか?

学生時代から、勉強の知識など「インプット」したことを友人に伝える・教えるという「アウトプット」を行っていました。このインプットとアウトプットは、現在でも役立っています。

Q.これから、この職業を目指す学生にアドバイスをお願いします。

何ごとも興味をもって行うこと、諦めないことが大切であると思います。

Q.今後の目標を教えてください。

仕事と私生活を両立させていきたいと思っています。

Profile.
海外からの病気や細菌が、国内に入るのを防ぐ「検疫」を行っています。職場内でのコミュニケーションを大切にして、業務に取り組んでいます。
厚生労働省仙台検疫所(2022年3月31日時点)
原田 翔斗(ハラダ ショウト)さん
東京法律公務員専門学校仙台校/法律学科 卒業

Report.Recommended