Report.職場レポート[007]
車はお客様の思い出を作るツール
精一杯、安心・安全を守りたい

Q.現在の職務内容を教えてください。

自動車整備士として、車の点検や修理などを行っています。

Q.現在のお仕事を目指したきっかけは?

幼い頃から自動車が好きで、自動車に関わる仕事がしたいと思っていたとき、整備士という仕事を知ったのがきっかけです。

Q.仕事をしていて
やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

入社したばかりで分からないことがたくさんありますが、どんどん新しいことにチャレンジさせて頂き、日々充実しています!現在は主に点検を担当しているのですが、事故の予防につながる、やりがいのある仕事だと感じています。

Q.心がけていることや
大切にしていることを教えてください。

「自動車はお客様の大切な命を乗せている」ということを常に意識しています。丁寧に確認作業を行うことで、お客様の安心・安全を支えていきたいです。

Q.学生時代に学んだことで、
現在の仕事に役立っていることはありますか?

技術はもちろんですが、「人間性の大切さ」を学べたことはとても大きな財産です。素直さや謙虚さがなくなると、信頼を失ってしまいますよね。「関わる方々へ感謝の気持ちをしっかり伝えること」「ミスをした時は誠心誠意謝罪すること」を常に心がけています。

Q.学生時代に一番努力したことは何ですか?

資格取得に力を入れました。学生のうちにできるだけ多くの資格を取得したいと考え、卒業時には10個以上の専門資格を取得することができました。勉強は大変でしたが、大きな自信につながりました。

Q.就職活動の時の
思い出などがあれば教えてください。

新型コロナウイルスの影響で、説明会に行ったり会社見学をすることがなかなかできませんでした。しかし、私が通っていた学校では、企業の採用担当者が学校へ来て相談に乗ってくださる機会があり、そこで様々なお話を伺うことができ、とても参考になりました。
また、2つの就職先候補で悩んでいた時、担任の先生が親身に相談に乗ってくれ、最後は「おまえなら大丈夫だよ」と背中を押してもらったことで、現在勤めている会社に就職することを決断できました。

Q.これからこの職業を目指す学生に
アドバイスをお願いします。

私は「車に関わる仕事に就く」という揺るぎない信念を持って、学校の授業以外でも、ガソリンスタンドでアルバイトをしながら自動車のことを勉強しました。そうした努力が自信になり、整備士になるための勉強を続ける糧となりました。
ぜひ、整備士になる!とう強い信念を持って、専門学校で有意義な時間を過ごしてください。

Q.今後の目標を教えてください!

私は自動車のことを「お客様の思い出を作るツール」だと思っています。安心・安全な楽しい思い出を作る重要な役割を任されている、素晴らしい仕事だと感じます。今はできることを精一杯やり、安心して自動車を利用していただくことが一番の目標です。プレッシャーもありますが、信頼していただける整備士を目指して、これからも気を引きしめて頑張っていきます!

Profile.
自動車整備士を目指したきっかけは、幼い頃から自動車が好きだったこと。夢を叶えるため学生時代にはガソリンスタンドでアルバイトをし、自動車のことを勉強していました。
株式会社 ホンダ四輪販売 南・東北
中川裕太(ナカガワユウタ)さん
専門学校 花壇自動車大学校/一級自動車科 卒業