Real.学生リアル[006]
同じ目標の仲間と一緒に学び、
誰かを助ける柔道整復師になりたい

Q.将来の夢は何ですか?
また、目指すきっかけがあれば教えてください。

中学の時に職場体験で接骨院に見学へ行ったことがきっかけです。柔道整復師の方に話を聞くだけでなく、実際に患者さんと触れ合っている姿がとてもアットホームで温かかったのが魅力的でした。
その後、中学・高校とサッカーを続けていく中で、怪我をしたときに整骨院に行ったり、高校にトレーナーの方が来てくれて処置をしてくれたりした時、「すごいなぁ」と感動しました。
将来は自分も柔道整復師になり、いつか開業したいと考えています。

Q.この学校を志望した理由は何ですか?

仙台接骨医療専門学校には学科が「柔道整復科」一つのみとなっていて、同じ目標の仲間がいる環境に惹かれました。実は、先ほど話した職場見学の柔道整復師はこの専門学校の先生の旦那さん、高校のトレーナーはOBの方だったんです。縁を感じましたし、たくさんの卒業生が活躍していることを実感しました。

Q.入学して、よかったこと、
大変だったこと、困ったことはありますか?

良かったことは「縦割り授業」があることです。先輩が勉強で分からないところを後輩に教えるのですが、学年関係なく仲良くなれます。先輩から実習や将来のことを聞いたり相談したりして、今後の不安を解消することができます。
大変なことは、勉強が想像していたより難しいことです。処置をする実践的な技術だけでなく、医学的な勉強も必要で大変ですが、体のことを知ることができて楽しいです。

Q.学校で自慢したいところはありますか?

学ぶための設備が整っているところです。附属の接骨院が併設されているので、実際の患者さんを目にすることがあり、就職後のイメージがつきやすいです。また、国家資格の合格率や就職率が高く、卒業生がいるところです。

Q.休みの日や放課後は何をしていますか?

その日の予習・復習、アルバイト、サッカー、スケートボードをしています。知り合いの誘いでサッカーの社会人サークルに参加したり、友達と一緒にスケートボードをしてリフレッシュしています。

Q.これから進学を考えている学生にアドバイスがあればお願いします。

勉強は難しいけれど、体について学ぶことはとても面白いです。怪我を治すことだけでなく、どういう動きをすると怪我につながるのか、ということを知ることができます。普段の生活の中でも意識するようになりました。柔道整復師は誰かを助ける仕事なので、やりがいがあると思います。同じ目標を持つ仲間と一緒にがんばりましょう!

Q.今後の目標を教えてください!

まずは国家資格に合格することが目標です。柔道整復師になるため、勉強を一生懸命がんばります。好奇心が強いので、介護施設やスポーツトレーナーにも興味がありますが、将来的には開業をして地域に貢献できるようになりたいです。

Profile.
中学の時に職場体験で接骨院に見学へ行ったことがきっかけで、柔道整復師を目指しました。仙台接骨医療専門学校には学科が「柔道整復科」一つのみ。同じ目標の仲間がいる環境で学び、たくさんの卒業生のように活躍したいです。
仙台接骨医療専門学校
芳賀 星優(ハガ セイユウ)さん
柔道整復科