Real.学生リアル[008]
一緒に夢を目指す仲間のおかげで、
運転士への一歩を踏み出すことができた

Q.将来の夢は何ですか?
また、目指すきっかけがあれば教えてください。

鉄道の運転士になることです。小さい頃から電車に乗るのが好きで、よく親と電車で出かけていました。将来の進路を考えたときに、鉄道や運転士のことを調べて、人の役に立つ鉄道の運転士を目指すことにしました。女性運転士としてお客様を安全に目的地までお連れするという責任のある仕事に魅力を感じました。

Q.なぜ、仙台の学校を選んだのですか?

福島に住んでいるのですが、なかなか運転士を目指せる専門学校が無くて。東京の他の専門学校も見学に行ったのですが、実家から近いため仙台の学校を選びました。

Q.この学校を志望した理由は何ですか?

高校の進路を決める際に大学に行くよりも専門学校で知識を少しでも学んだほうが、就職後も役に立つと思いました。国内旅行業務取扱管理者や総合旅行業務取扱管理者など、国家資格を目指せることも魅力的でした。
また、鉄道会社への就職率がどの学校よりも高いからです。

Q.入学して、よかったこと、大変だったこと、困ったことはありますか?

先生が熱心に教えてくれるところです。あと、就職活動でなかなか採用がもらえなくて焦っていた時に、友人がたくさんアドバイスをくれました。無事に鉄道会社に内定をいただくことができた瞬間は、とても嬉しかったです。
大変だったことは、国家試験取得のための勉強が難しかったことです。分からないことは先生や友人に質問し、解決してがんばりました。

Q.学校で自慢したいところはありますか?

「ゼミ学習」という学習法です。クラスをグループに分け、授業内容や問題で分からないところがあったら、お互いに教えあうというものです。不明点を気軽に聞くことができ、教える側も理解を深めることができます。「後で聞けばいいや」と後回しにしていると、どうしてもそのままになってしまうので、とても良い方法だと思います。コミュニケーション能力がついたことは面接にも役立ちました。資格取得や就職へつながり、友人と一緒に喜びを分かちあうことができました。

Q.好きな場所を教えてください。

温泉が好きで、特に秋保温泉が好きです。周辺にある秋保大滝の轟音を立てて流れ落ちる豪快な迫力は自然の壮大さを感じることができました。温泉や料理を堪能し、癒しの時間を過ごせました。

Q.休みの日や放課後は何をしていますか?

ほとんどアルバイトをしています。アルバイトがない日はアウトレットモールに洋服を買いに行ったり、長期の休日は近場の温泉へ旅行して、リフレッシュします。

Q.これから進学を考えている学生にアドバイスがあればお願いします。

仲間を大切にすることが一番大事だと思います!
学校生活や就職活動など辛いことがあったとき、友人が励ましてくれて何度も助けられました。
仲間を大切にし、夢に向かって頑張ってください!

Q.今後の目標を教えてください!

鉄道会社に入社したら、基礎知識を勉強することはもちろん、いろんなことにチャレンジしていきたいです。
私が入る鉄道会社で運転士になるには、まずは駅員になります。その後、車掌になり、運転士になることができます。そのため、採用されたら夢が叶うわけではなくて、これからが運転士になるためのスタートです。
運転士になって、お客様を安全に目的地まで輸送し、より良いサービスが提供できるよう日々勉強していきます。

Profile.
大学に行くよりも専門学校で知識を少しでも学んだほうが、就職後も役に立つと思い、「東京IT会計専門学校仙台校」に入学しました。鉄道会社に入社したら、いろんなことにチャレンジしていきたいです。
東京IT会計専門学校仙台校
若木 美南(わかき みなみ)さん
ビジネス学科 鉄道・交通コース 1年

Real.Recommended